セーラー服、かわいくて好きです。

中学生の頃は、セーラー服、高校生の頃はブレザーだったんですけど、セーラー服の方が、女の子たちが可愛く見えたような・・・、そんな気がします。

まぁ、セーラー服を着ていた時代は、ブレザーに憧れていたので。

その当時は、セーラー服の良さが分かってなかったんですよね。

今思うと、「もっとセーラー服を満喫しておけばよかった」と。

勿体無かったな、なんて思います。

ちなみに、私の学校のセーラー服のリボンの色はグレイでした。

あまり可愛らしい色ではありませんが、「上品」っぽく見えたような気がします。

スカートの丈は真面目に膝下丈でしたね。

とは言っても、お腹の所で折って履いている子が多かったかな。

あと、上を折り返して短くするのも流行っていました。

校則とか、それなりに厳しかったんですけど、工夫しつつ色々着ている子たちが可愛かったですね。

冬服は、普段は襟カバーを付けるんですが、式典がある時は襟カバーを外すんですよ。

そうすると、ほとんど黒色のセーラー服になるんです。

それはそれで、好きでしたね。

すごく気持ちが引き締まる感じがして。

大人っぽくなるんです。

思い返してみればみるほど、「また着たいなぁ」って思えてきてしまいます。

似合わないだろうけど・・・。

似合わなくてもいいから着たいくらい、セーラー服が好きですね。

確か誰かにあげちゃったんだよな・・・。

取っておけば良かった、って後悔しちゃいます。