中学校の制服がセーラー服でした。

大きな襟に2本の白いラインが入った、紺色ベースのセーラー服で、とっても可愛くって、小学生時代から非常に憧れていましたね。

私の地元地域は、高校になるとブレザーの制服ばかりの地域でしたので、セーラー服を着ることが出来るのは、だいたい中学生までです。

ですからこそ、「絶対に地元公立中学に行きたい!」などと思っていました。

私の地元地域は、高校までエスカレートの私立中学もあったのですが、けれども制服がどこもブレザーばかりでしたので、いまいち惹かれませんでした。

なお、高校になりますと、私の記憶ではセーラー服の高校は無かったのではないだろうか?とも思われるぐらいの減少でした。

その反対に、ほとんどの公立中学校の制服が女子はセーラー服でしたね。

違いがあったとしても、襟の白いラインが1本線ですとか、リボンの色が違うですとか、その程度です。

ちなみに男子は学ランでしたね。

けれども、憧れて憧れて大好きだった紺色セーラーなのですが、洗濯はクリーニングに出さなくてはならないところがネックでしたね。

それに洗い替えは、みんなたいてい1着、合計では2着しかセーラー服を持っていませんので、汚れた場合は結構ピンチだったのです。

また、1年も着ていると、セーラー服の生地がテカテカになってきてしまいますので、3年生になると、やっぱりみんなくたびれた感じのセーラー服になってきてしまっていることが残念でしたね。

ですから、集大成である卒業式のセーラー服は、みんなだいたいテカっていました。