今ではセーラー服は時代遅れというイメージもあるのかも知れませんが、やっぱり私はセーラー服が好きです。

地元の中学校は、ほぼ100%セーラー服が制服になっています。

東京の中学生とかがテレビに出て来ると、セーラー服率が低すぎることに驚きを隠せません。

やはり都会ではセーラー服の中学生というのは古いイメージなのでしょうか?

セーラー服が好きな自分としては寂しいです。

セーラー服が大好きな女性の一人としては、ブレザーやジャンスカタイプではなく、セーラー服の学校がもっと増えて欲しいと思います。

何故、セーラー服の制服が好きなのかと言うと、セーラー服というのは、10代だからこそ似合うからです。

ブレザーならば、20代になってもフレッピースタイルというファッションもあるくらいですし、着ていてもそんなにおかしくありません。

セーラー服もマリンスタイルなどがありますが、やっぱり制服っぽさはないですし、大人になるとセーラー服も似合う人が限られてきます。

顔が大人な人よりも童顔の人の方が似合いますからね。

セーラー服というのは、10代の学生だけが着れる特権だと思うのです。

私は中学時代、セーラー服の学校に通うことが出来たことを嬉しく思います。

しかし、残念だったのは、放課後は制服ではなく、ジャージ姿で下校をすることです。

他の学校は違うのかも知れませんが、私の中学では体育や部活の時に着替えるので、制服のまま下校するということは殆どありませんでした。

なので、実際に制服を着ていた時間というのは短かったです。