私の中学生時代の制服はセーラー服でした。

小学生の時から早くセーラー服が着たいと思っていました。

理由は、大人っぽく見えたからです。

私の中学校のセーラー服は白い線が3本入っていました。

セーラー服のスカーフの色は冬が白色で、セラー服は紺色でした。

スカーフが白色なので、汚れたら目立つので嫌でした。

スカーフの結び目を短くするのが流行っていました。

私は、冬のセーラー服よりも夏のセーラー服が好きでした。

白色で黒の3本線、スカーフは黒色で格好良かったです。

私の時代は、スカートが長い方が格好いい時代でした。

今の時代は、短いスカートが当たり前です。

それからセーラー服は丈を詰めて短くして、スカートを長く履くのがいいとされていました。

それが格好いいのです。

セーラー服は、冬なら毛やホコリが目立って嫌でした。

だから、ホコリの目立たない夏の白いセーラー服の方が好きでした。

セーラー服を着たのは中学生の3年間でしたが、洗濯して3本線がボロボロでした。

洗濯してアイロンをするので、テカテカになったりしました。

アイロンを止めて、スカートは寝押しするようになりました。

布団の下にスカートを置いて寝る昔ながらのやり方です。

はっきり言って、昔のセーラー服よりも今のセーラー服の方がデザインや色など可愛い物が多いようです。

アイドルグループが、セーラー服を着て歌っているのを見て、本当可愛いなと思いました。

昔みたいにスカートは長くなく、ミニで履いているのを見て、中が見えないのか心配になります。