中学時代の制服は、セーラー服だったのですが、

小学生の頃からずっとセーラー服に憧れていた私は、

入学を控えて初めてセーラー服を買いに行った時の事を

今でも覚えています。

 

これが憧れのセーラー服なんだという事で、

何枚もその場で写真を撮ってもらったのですが、

いざ学校生活が始まり、周りの女の子達の着こなしを見てみると、

同じ制服でも何となく違いや個性が出ていたものです。

 

中にはセーラー服の下に体操服を着ている友人や、

スカーフの結び方も、わざと結び目を小さくしたり、

セーラー服の丈も、かなり短めという人もいました。

 

そんな中、一体どんな着こなしが

一番男子受けするのかという話を友人と始めたのですが、

まず、セーラー服の丈は、短過ぎても長過ぎてもダメなので、

丈の長さを試行錯誤しました。

 

さらに、スカーフの結び目もかなり重要なので、

色々と試してみた結果、これが丁度良いと言う結び方が見つかり、

かなりイケてるセーラー服姿で登校していました。

 

丁度その頃、近くの高校の文化祭があったのですが、

友人達と学校の帰りに行く事になり、

セーラー服姿のまま覗きに行きました。

 

すると、ある男子学生が話し掛けて来たのですが、

セーラー服に興味津々と言う感じで、

かなり私達に興味を持った様子でした。

 

その高校の制服はブレザーだったので、

セーラー服が、かなり新鮮に見えたらしく、その後も、

かなりの男子学生が近寄って来たのを覚えています。

 

やはり、男子学生に対しての最強のモテ制服は、

セーラー服なんだなと妙に納得した瞬間でした。