私は、中学・高校と、制服がセーラー服でした。

 

そして、その時、セーラー服の場合は、

直ぐに着る事が出来る反面、少し辛いなと思う事もありました。

 

それは、なんと言っても丈が短い事です。

 

私は、制服の下に、あまり着込む事をしたくなかったのですが、

その丈が短い事で、手を上げた時、完全に肌着を見せる事になるのです。

 

その為、肌着が見えないように

反対側の手を使って、見えないように押さえていました。

 

しかし、自転車などに乗っている時には、

そのような事が出来ないので、その場合は開き直って

見えてもいいやという気持ちになっていたのでした。

 

私の友人などは、肌着として派手に思われる物を

着ている事がバレて、先生に叱られた事もあります。

 

そんなに思うのなら、もっと丈が長くても

いいのではないかと思った事もありました。

 

しかし、丈を長くすると格好が悪いので、

それも困るとも感じていたのです。

 

また、スカートは、よく風が吹いたりした時、広がる事もあったので、

その下には体操服の短パン(ブルマ)を履くようにしていました。

 

その短パンは、学年ごとに色が決まっていたので、

おかしな話ですが、スカートが広がった時に、その人の学年を、

その履いている短パンによって知る事が出来たりしていました。

 

その短パンを履く事は、全校で決めていた訳ではないのですが、

ほとんどの人が、そのようにして履いていました。

 

そして、その事を当たり前と思うようになっていたのです。