セーラー服は中学時代のみ着ていました。

特に好きなところは無かったと思います。

デザイン的にもあまりかわいいとは思えませんでした。

特に当時はスカートが好きではなかったので、制服を着ることが憂鬱だったと思います。

基本的に若い女の子は、セーラー服よりはブレザーなどおしゃれなデザインの制服に憧れている子の方が多いのではないでしょうか?

私立などは校則が厳しいものの、かわいい制服のところもあり、着てみたいと思えました。

制服の下には、体育のハーフパンツを履いたりして、すぐに着替えやすいようにしていました。

上のインナーには明るい色のキャミソールを着ることが流行っていたように思います。

中学ではスカートを短くしているのは3年生のみで、あまり着崩したりすると先輩に目をつけられてしまうということがあったような気がします。

靴下も三つ折にする校則がありましたが、3年生にもなると皆ワンポイントのソックスを使っていたり、一部の人たちはルーズソックスだったと思います。

皆だんだんおしゃれに着こなすようになってきます。

セーラー服はスカーフではなく、ネクタイのようなリボンを、ボタンでくっつけるだけで装着できるシンプルなものでした。

冬服に関しては、クリーニングにはあまり頻繁に出してはいなかったと思います。

生地も厚めのもので作られていたので、風などで襟がめくれてしまうこともありませんでした。

セーラー服は全体的に着心地が悪く堅苦しい感じがします。