女子は憧れた事のある人が多いんではないでしょうか?

 

セーラー服・・・。

 

あの紺色の襟と真っ赤なスカーフ、眩しい白いシャツ。

 

だけど、私の学校のセーラー服は、そんなまぶい物ではありませんでした。

 

やっぼたいジャンパースカート、その上から被るセーラー。

 

リボンやスカーフなんて滅相もない。

 

元から結んであるネクタイをセーラーの襟下でひっそり止めるんです。

 

しかも、そのネクタイを奪い合うのが流行っていて

ボタンが取れてしまうので、多くの子はゴムで吊るしていました。

 

やぼったさ倍増です。

 

ですが、なんといっても暖かい。

 

生地が厚めなので、冬場もコートを着なくてもいけるくらい。

 

その上、部活をやっていた子は、

下に部活で作った分厚いトレーナーを着たりしていました。

 

それから体操服を下に丸ごと着たりも・・・。

 

そうする事で、体育の時間、着替えるのが楽になるんですよ。

 

もちろん下も体育用のハーフパンツを履いていました。

 

意外と女子のスカートは鉄壁で、中が万が一見えても、

スパッツかズボン、ひどい時はジャージでした。

 

でも、ちょっと盲点があったりで、

ジャンパースカートのファスナーを閉め忘れて、

中身が丸見えなんて事もあったりと・・・。

 

それじゃあ、スパッツ履いてても恥ずかしいですね。

 

セーラー服の良い所は、ちょっと田舎くさいところ。

 

今で言えば「レトロ」っていうやつです。

 

ブレザーに飽き飽きしてセーラーに憧れる方も多いのでは?

 

コスプレでも何でも、一度セーラーを着ると、

ちょっと特別な気持ちになれます。

 

当時、やぼったいと思っていたセーラーも、

もう一度着てみたいなぁなんて、大人になって思ったり・・・。

 

そういうところが、セーラー服の魅力なのかもしれませんね。