セーラー服というのは、10代のある時期しか着られないので、

やっぱり着る機会があれば着たいという憧れの服ですね。

 

私は結局、ずっとブレザーの制服の学校だったので、

セーラー服は着る機会が無かったですが、

セーラー服の学校は、ちょっと羨ましかったです。

 

私が中学受験の勉強の指導をした生徒さんが、

K女学院に行きたいと言っていたのですが、

それはセーラー服が着たいからという事でした。

 

K女学院のセーラー服は、紺色で白い縞が入っていて、

いかにもセーラー服の典型のような制服です。

 

その子の実力ならば、もっと偏差値の高い学校にも行けたのですが、

彼女はとにかく制服が好きだから、そこに行きたいのだと主張していました。

 

その子は無事、K女学院に入り、その後も

学校帰りに私の家に来て勉強をしていきました。

 

それで、セーラー服を近くで見る機会が多かったのですが、

やっぱりセーラー服は可愛いですね。

 

ただ、デザインとして、冬は寒いし、

夏は暑い、というところは有るかと思いました。

 

そのセーラー服は、首の所がVネックになっていて、

冬は首が寒いと、その子が言っていました。

 

夏は夏服になりますが、それでも暑くて、

よくスカートをまくって風を入れたりして、

ちょっとイメージぶちこわしの時もありました。

 

セーラー服は、やっぱり10代の子が着ると、とてもよく似合います。

 

現実には、服としては、いまひとつ、暑い、寒い、重たい、

などなどの機能性の問題はあるのですが、

やっぱり、見ため的には、とても可愛いと思いました。