古今東西、女子生徒が憧れる制服の一つに、セーラー服がある。

 

その昔、「セーラー服と機関銃」という映画が製作されたくらいだから、

男子のウケもいいのだろう。

 

私の母校の中学校の制服も、セーラー服だった。

 

小学生の頃、セーラー服を着たお姉さんが、実年齢以上に大人びて見え、

セーラー服への憧れは、より一層増したものだ。

 

ただ、問題だったのは、セーラー服は冬服限定だった事だ。

 

冬服という用途故に仕方無い事ではあるが、制服の色合いが全体的に暗い。

 

黒色の生地に、襟部分に白い線が2本入っており、

スカーフはワインレッド、スカートも黒色というデザインは、

着心地だけでなく、色合い的にも重く、野暮ったい印象を受けた。

 

垢抜けないと思ったのは、私だけでなかった。

 

代々、母校の女子生徒はそう感じていたようで、3年生になると、

スカーフの巻き方を規定のものからリボン風にアレンジしたり、

スカーフやスカートの長さを短くしてみたりと、

少しでも可愛く見せようとしていた。

 

ちなみに、同じ事を1・2年生がすると、3年生に呼び出され、

注意を受けるという噂もあった。

 

周辺の中学校も揃って、セーラー服は冬服限定だった。

 

違うのは、襟の線の色くらいなもので、後はほぼ同じ生地・デザインだった。

 

そして、各校とも同様に、ダサさを改善すべく、

校則違反ギリギリのラインで手を加えていた。

 

そんな中で異彩を放っていたのが、隣の市の中学校だった。

 

ある中学校は、夏服、イコール、カッターシャツという

県内の傾向に反して、女子の制服が半袖のセーラー服だった。

 

しかも色合いは、白い生地に、襟元には水色の線が数本。

 

スカートも水色、と、爽やかな印象を受けるデザイン。

 

まるで、漫画やアニメのキャラクターが着ている制服だと、

当時は思い、ひどく羨ましかったものだ。

 

勿論、冬服のセーラー服にも魅力はあるのだろう。

 

だが、個人的な見解として、一言だけ言いたい。

 

若い頃に、爽やかなセーラー服を着ておきたかったと・・・。