セーラー服といえば学生のうちにしか着ることが出来ない特別な衣装、という印象があります。

私は特に意図したわけではなかったのですが、中高共にセーラー服の学校でした。

ずっとセーラー服だった当時はブレザーや私服登校の他校に憧れていたりもしましたが、今となってみるとセーラー服の方が希少価値があるというか、より憧れの対象として見られているような気がしています。

当時はブレザーの大人っぽい雰囲気に対する憧れがあったため、子どもっぽい印象になってしまうセーラー服をあまり好きになることが出来ませんでした。

しかし、ブレザーのような服は今でも着ることが出来ますし、セーラー服は若いあの時期にしか着ることのできない衣装だったのだなと今となってはいい思い出です。

他に、セーラー服に苦手意識があった理由の一つが「スカートは短い方が可愛い」という風潮です。

スカートを腰の部分で巻いて、中が見えてしまうんじゃないかというくらい短くするのが私が学生の頃に流行った着方でした。

そのような着方やシルエットがどうも間抜けでふしだらな感じがして少し苦手意識を持っていました。

おしゃれに気を遣って髪の毛を染めたり巻いた上でそのような丈にしていると、それこそコスプレのように見えてなんとも言えない気持ちになっていたのを覚えています。

大人になり客観的にセーラーを見るようになってからは、セーラーの持つ純粋さ、純潔さに惹かれるようになりましたが、セーラーの持つ魅力を引き出すにはそれなりに好みにあった人物が着用している必要もあるのだと気づきました。

私の理想は、黒髪でボブか長髪の髪の毛、色白でまつげの長い女性がセーラーを着ているのがベストだと考えています。

紺のハイソックスに膝が少し隠れる位の丈だとなお良いです。

セーラー服の持つ、言葉では言い表し切れない魅力に大人になってから気づいたのは少し残念でした。