高校の制服は(一応の)セーラー服でしたが、夏服は、みなさんが想像する紺のカラーに白の身頃ではなく、カラーと身頃が同じ綿の生地で一体になっているので、要はセーラーカラーのついた綿のシャツと同じでした。

洗濯はそのまま洗って干すことが出来、シワにもなりにくい上にすぐ乾いて非常に良かったのですが・・・。

夏服の場合は、ほとんどの女子はインナーにキャミやタンクトップを着ます。

 

ストレッチがきいていないので動きにくくはありましたが、夏の制服としては涼しく、そんなに評判は悪くなかったと思います。

ですが問題は冬です。

セーラー服の襟ぐりはちょっとスクエアに変形しているため、その下に迂闊なもの(例えば襟付きシャツなど)を着ると襟ぐりからはみ出してしまいます。

「寒さには勝てない」と、割りきってハイネックを着ている友人もいましたが、それはまるで「ムチ打ち」治療中の人のように見えたものです(でもあったかそうだったな)。

私は大きく襟の開いたヒートテックを着ていましたが、寒さが凌げるものではなく、セーラー服の上からアーガイルのメンズのカーディガンや、大きめの丸襟セーターを羽織っていました(そういう女子は多かったです)。

他の高校では、セーラー服の上に羽織るものを着てはいけないとか、セーラー服の上に着るのは学校指定のジャケット(ダブルの襟なし)のみというところもありましたが、私の学校はあまり厳しくなかったので、そのような格好でも許されていました。