セーラー服に憧れて、制服がセーラー服の高校に入学しました。

私の高校は、上下紺色のセーラー服で、襟に白いラインが1本入っているだけの、とてもシンプルなものでした。

スカートは購入当時、膝が隠れるくらいの丈でしたが、近くの仕立て屋さんで、長さ45センチくらいにしてもらいました。

中が見えそうで、見えないくらいのギリギリの丈にしていました。

夏は白のポロシャツもしくは、白の薄手のセーラー服で、冬は上下紺のセーラー服に、ユニクロのメンズのカーディガンを羽織るのが定番でした。

ユニクロは安いし、セーラー服の上から羽織るにはメンズサイズがちょうどなので、大抵みんな同じようなのを着ていた気がします。

靴下は、夏冬共にハイソックスが基本で、冬になるとニーハイやタイツをはいてました。

スカーフを着用する決まりがありましたが、普段はみんなスカーフを着用しておらず、集会や式典などの行事の時だけの着用でした。

スカーフもただ付けるのではなく、リボンのようになる特異な結び方があり、みんなその結び方をしていました。

また、遊びに行くときには、スカーフではなく、ブレザー制服の人が付けるようなリボンネクタイを購入して、つけたりもしていました。

足元はローファーもしくはスニーカーの子が多く、個性的な子はスニーカーにリュック姿のカジュアルな格好でした。

上下紺の非常にシンプルな制服な分、何にでも合うし、人との違いを出すためにオリジナルに着こなすのが、当時は流行っていました。