私は中学も高校もブレザーだったので、セーラー服には憧れていました。

大きな襟とタイやリボンの赤い色が映えるセーラー服はとても可愛く魅力的で、青春らしさを感じます。

セーラー服を着ていた友人に話を聞くと、ブレザーの方が暖かいし大人っぽくて羨ましいと言われます。

でも、セーラー服でも黒のものは引き締まって賢そうに見えるし、リボンやタイでアレンジできるところがいいと思うのです。

タイを小さなクリップで留めている女子高生を時々見かけるのですが、細かいところでお洒落したり自分らしさが出せるのがセーラー服の良いところだと思います。

また、ブレザーはどうしても厚着になってしまい、だぼっとした様に見えてしまうのですが、セーラー服は全体的にパリッとしていて形が崩れないので重く見えないところが優れているのではないでしょうか。

以前、親友の家に遊びに行ったときに色々な学校のセーラー服を着せてもらったのですが、中にはスカート部分はワンピースで、大きな襟がついたセーラー服を上から着るような形になっていて、スカートの長さが調節できないような構造のものがありました。

その子はやはり、シャツとスカートが分かれていてスカートの長さが自由に変えられるブレザーが着てみたかったと言っていました。

チャックが前に付いていたり、横に付いていたり、同じセーラー服でも学校によって違いがあり面白かったです。

大人っぽいブレザーと可愛らしいセーラー服、どちらにも良さがあるのではないかと思いました。

でもやっぱり、セーラー服が着てみたかったです。