セーラー服というと、薄いひらひらの上着に短い紺のスカートというイメージがあります。

私が高校生の頃は、まさにそんなセーラー服が制服でした。

ひらひらとしたセーラー服は見ている分にはとても可愛いのですが、実際に自分で着てみると、とっても寒いです。

一応校則には、「下に履く物はスカートの他スラックスでも可」となっているのですが、セーラー服の上着にスラックスを併せたらどうしても間抜けな格好になってしまいます。

そのため女子生徒は厚みのあるタイツを履いたり、先生の目を盗んで下にジャージを履く、ひざ掛けを足元に巻き付けて移動するなど対策をしていたものです。

学校によっては校則でカーディガンの着用やひざ掛けの持ち込みを禁止している場所もあったようで、学校間で冬場の防寒対策について色々な友達と相談しあったのも冬の良い思い出です。

逆に夏場は爽やかな見た目と、ひらひらとした生地、短いスカートで通気性が良い、涼しい、過ごしやすいで重宝していましたし、学ランの長いズボンを見ているとセーラー服(スカート)で良かったと思っていました。

見る分には夏も冬も可愛らしくて素敵なセーラー服ですが、着る側となると機能性の方にも目を向けなくてはならず、色々と困る部分もありました。

セーラー服を着る機会が無くなった今となっては、冬場にマフラーやカーディガンで上半身を寒さから守り、黒タイツや黒のハイソックスで下半身を寒さから守りながら息を白くさせて縮こまるセーラー女子を可愛らしく思って見ています。

ですが、実際には今の彼女たちも当時の自分と同じように冬の寒さと日々戦っているのだろうなと思うと、可哀想になって、共に思わず応援したくなるような懐かしい気持ちになります。