私は中学生の頃からブレザーの学校に通っていました。

近場に学校がたくさんあってその中から行きたいところを選べるのだったら話は違いましたが、あいにく私の住んでいたところは田舎のほうで選べる学校がありませんでした。

そのため中学校に引き続き、泣く泣くブレザーの高校へと進学しました。

着ていく服は決まっているので3年間ずっと地味なブレザー姿でした。

街のほうへ出かけたときに見かけるかわいいセーラー服姿の高校生たちを見るたびに本当に羨ましかったです。

できるものならセーラー服を着たかったと後悔しました。

セーラー服を着られるのは限られた時期だけです。

コスプレで着る人もいるでしょうけど、さすがにそこまでして着ようとは思いません。

私の中では中高生の限られた時期に着るからこその魅力がある制服だと思います。

今も通りがかりでセーラー服を着た女子中高生を見ると「いいなぁ」と思ったりします。

一人暮らしをしてでもセーラー服指定の学校に通いたかったなと後悔しています。

ただ時間は取り戻せません。

そう思うとすごく中高生というのは貴重な時間だなと思います。

私はセーラー服を着れなくて残念に思っているので、もし私の娘がセーラー服の学校に通いたいと言ったら、喜んで一人暮らしをさせてあげようと思っています。

あの時期だけの貴重な制服を着させてあげたいです。

まだ娘は小さいのでどうなるか分かりませんが、セーラー服の学校に通うのは大賛成しようと思います。

私の分も可愛い姿で学校に通ってほしいです。