私は中学・高校と黒のセーラー服でした。

現在28歳なので、約10年以上前になりますが・・・。

中学も高校もたまたま同じようなセーラー服で、特にセーラー服が可愛いからという理由で選んだわけではありません。

むしろブレザーを着たかったほうです(笑)。

夏服はリボンがすでに形になっている紺色のもので、襟の下にボタンがあって、そこにパチッと留めれるようになっていました。

冬服はスカーフのようなものを自分で結んで作るリボンでした。

冬服は中学が白色、高校は紺色でした。

今の子はわかりませんが、私たちはスカートを切るのではなく、ウエストの部分を折ってスカートの丈を短くしていました。

服装検査や厳しい先生の授業の時、行事の時は必ずと言っていいほどスカートの長さはチェックされるので、切ると調整ができないため折っていました。

このやり方は、先輩などから聞いてそうしていたので、ある意味受け継がれていました。

先生はそれを知っていても、ちゃんとしないといけない時にちゃんとしていれば、あとは見て見ないふり、という感じでした。

夏服を買うときに半袖と長袖の枚数を選べました。

夏服は日焼けもあるし、袖から中の服が見えたりするので、基本的に長袖が多数を占めていました。

夏は白のセーラー服だったので、やはり透けを気にして可愛いキャミソールを着る子も多かったです。

でも男女ともにですが、濃い色の服はNGと言われていたため、ブラジャーが透けている子も少なくありませんでした。

冬服はセーラー服の下にゴツイ服を着る子は少なかったイメージがあります。

太く見えるからです(笑)。