私の通っていた高校では、女子の制服はセーラー服でした。

 

今では、ほとんど見掛けないセーラー服ですが、

その当時でも既に珍しくなっており、

通学時にはブレザー姿の他校の生徒の中で

目立ってしまうのが少しだけ嫌でした。

 

とは言っても、制服自体の人気は高く、

その為に入学して来た人もいましたし、

私もセーラー服は、後ろ姿が可愛らしくて気に入っていました。

 

ブレザーと違い、襟が大きくて後ろから見て映える事、

襟に入ったラインが目立つ事が、制服の人気の秘密でした。

 

ただ、不満も幾つかありました。

 

まず、冬服についてです。

 

私の母校では、セーラー服の上には

カーディガンを着てはいけないという校則があったので、

みんな、中にセーターを着ていました。

 

と言っても、これが問題でした。

 

分厚いセーターを着ると、袖の辺りがゴワゴワしますし、

襟元の詰まったセーターだと、胸当ての周りから

セーターが見えて格好悪いからです。

 

そういう訳で、ほとんどの女子生徒が寒さに耐え、

薄手のセーターを出来るだけ下に引っ張るようにして着ていました。

 

ブレザーと違って脱ぎ着が出来ず、

体温調節をする事が出来ないのは、

セーラー服の欠点の1つだと思います。

 

それから、夏服にも問題はありました。

 

夏のセーラー服は白地で、胸当ての無い物だったのですが、

これも中に着る物が問題でした。

 

なんとなくキャミソールのラインが浮いてしまうのです。

 

それに、ブレザーの場合のワイシャツと比べ、丈が短いせいで、

腕を上げると脇腹が見えてしまうという欠点もありました。

 

もちろん、みんな、中に見えてもいい物を着ているものの、

あまり気分は良くありませんでした。

 

セーラー服について思い出すと、こういう欠点もありましたが、

それでも、やはり懐かしい気がします。