だいぶ昔の話になってしまいますが、中学校の時は、セーラー服でした。

私立などのかわいいセーラー服ではなく公立だったので全然かわいくもなく普通のセーラー服でした。

セーラー服は紺色のプリーツスカートと上着も紺色、リボンは赤紫の色でした。

中学校に入る前に採寸があるのですが、みんな大きくなるからという事でかなり大きめに作ってもらっていました。

最初はセーラー服がブカブカで、ブカブカ具合が、ブレザーなんかより分かりやすく見えてしまうので、袖は長いし、スカートも長いしカッコ悪かったように思います。

また、スカート位置ですが、ひざ上にないと普通に見えない。

テレビがつくったイメージもあるのでしょうが、長くしすぎても、短くしてもどことなく意識していなくても、不良ぽく見えたり、ぶりっこしているような恰好になるのが不思議でした。

また、セーラー服は、あまり着込むことができませんでした。

ブレザーとかなら下にたくさん着こんでいてもなんとかごまかせる場合もありますが、セーラー服の場合、上からかぶるようになっているので、あんまり着込むと不格好になってしまいます。

夏は、上だけ白地に同じくリボンは赤紫色でしたが、夏の方が上が白地になるので、明るく見える事は着込む必要がないので夏の方が好きでした。

しかしセーラー服は、かぶる方式になっているので、暑い時はみんなセーラー服の上着の下から下敷きで風を送ると気持ち良かったです。

ブレザーだと首から下へ風を送るしかないのですが、セーラー服は上からも下からも風を送る事ができるので、便利だったなと思います。