私は中学校、高校の3年間セーラー服でした。

どちらも冬服は紺色地で夏服は白色地でした。

中学校は水色のネクタイに水色のライン、高校は白色ライン(夏は紺色ライン)に紺色ネクタイ、入学式や卒業式の時だけ白色ネクタイでした。

細かい良かった点と悪かった点をあげていきます。

まず、悪かった点ですが、1つ目には合服という物がなかったので、中に着る物で寒さ調節をしなければならないということです。

中に着こむ物はセーラーの首のところから見えない襟ぐりの深い物でないといけません。

それがなかなか無いので、探すのに苦労した記憶があります。

2つ目は、スカート丈を短くするのに、サスペンダーを使用していたのですが、サスペンダーでスカートを上に上げると、ウエスト部分がスカートの広がっているところにくるため、いつもよりもウエストが太く見えるということです。

良かった点1つ目は、ブレザーに比べ、上着の長さの調整がある程度できるので、流行りの長さにすぐできるということ。

結構短くするのが流行っていたので、皆、風紀検査の時に長くできるように軽く縫ってとめていたり、安全ピンでとめていたりしました。

2つ目は、寒い時、手を上着の中にすぐ入れられるというところでした。

これもまた、手を入れる仕草がかわいく見えると不良グループから真面目な子まで皆していた記憶があります。

3つ目は、中学校はセーラー服の学校が多かったのですが、高校でセーラー服は珍しくなってきている頃だったので、他校の友達から羨ましがられていたことです。

ブレザーに比べ、かわいく、気に入っていた私は、中学校、高校とセーラー服で良かったのですが、こうしてあげていくと、細かい良くなかった点も結構あったのだなぁと思いました。