私の通っていた高校は、セーラー服でしたので、セーラー服の思い出は数多くあります。

その中でも、冬季は背中部分がセーラーカラーの御陰で二重になっている分、温かくて心地良いのですが、逆に夏季は生地が薄手でも半袖のセーラー服は肩部分から暑さをきつく感じて汗びっしょりにもなるのでイヤでたまりませんでした。

しかしながら、今はテレビタレントの影響も大きく、生徒達が学力だけでなく、制服のデザインで進学先を決めたりする事もあってか、ブレザーにブラウスにリボン型のネクタイといった制服ばかりになってしまっています。

正直、どこの学校なのかもネームプレートを見ないと区別がつかない位に個性が無くなりつつあるように感じ、セーラー服独特の生徒らしさみたいなものが薄れてきた感があって残念です。

多分、これからも暫くはセーラー服に出会う機会は少ないのでしょうが、この少子化と言われる時代に制服の意味するものをデザイン側も着用側も知ってから、これがこの学校の象徴すべき生徒の姿であると謳ったような制服に出逢えたら嬉しいと思います。

制服は、本来は海上で勤務する水兵さんが、仕事上、必要であった事から誕生した制服なのですから、セーラー服という物自体は、歴史ある重要な服装だという事を心して、もう一度、セーラー服や詰襟の学ラン時代の復活があっても良いかもと思っています。

制服を着用する生徒は、タレントでは無く、制服を綺麗に着こなす事が出来るような指導も含めての見直しをして欲しいと思います。

生地質も昔のような事もなく、通気性に優れた物が数多く出来ているのですから、これを利用しない手は無いと思うのです。

蘇れ、セーラー服です。