私が通っていた学校(中高一貫の女子校)も制服がセーラー服だったのですが、元のセーラー襟の上にもう一枚真っ白な付け襟をするのが特徴でした。

紺色のセーラーに真っ白な襟が可愛いと、地元での制服の評判はとても良かったと思います。

白い襟は洗濯しやすい素材だったので、あまり汚れを気にすることはありませんでしたが、生徒にとっては厄介な問題がありました。

学校は繁華街に近い便利な場所にあったので、皆帰り道に買い物や食事をしたりすることが多かったのですが、いわゆる「お嬢様校」であることを売りにしていた学校側は、当然こういう習慣を良しとしません。

ですので教育指導の先生方がたまに見回りにやって来るのですが、その時真っ白な襟を付けていると目立って仕方なく、すぐにお縄になってしまいました。

そこで生徒側も、遊びに行く時は目印になるこの白い襟を敢えて外すようになりました。

初めはこうして目立つからという理由で白い襟を外していたのですが、段々派手な子達の中で、「遊びに行く時は付け襟を外す」→「付け襟を外さないと遊びに行くのが恥ずかしい」という風に認識が変化していきました。

学校の中でも指摘されるまでは襟を付けないで過ごす子が出てきたのが、今になってみると面白い現象だったなと思います。

またもう一つ、制服の崩し方で流行ったのが、よくあるリボンの結び方です。

正しい結び方は男性のネクタイと同じなのですが、大きなセーラー襟の下に何の変哲もないネクタイの結び目と短いリボンが伸びているのがあまり可愛く無いので、皆よく普通のリボン結びにしていました。

私も一度ネクタイのしつけ縫いが外れてからは、結び方がいまいち分からなくてリボンにしている事が多かったです。