出身中学の制服がセーラー服でした。

普通の市立中学でしたが、付近の中学全てセーラー服でしたね。

セーラー服のラインの色で、どこの学校か分かりました(田舎ですので中学の数そのものが少なかったのです)。

私の通っていた中学は、紺地に白い3本のラインが、セーラー襟と、袖口、襟カバー(襟元のVカットの前の三角の部分)に付いているタイプでした。

リボンは地色より少し薄い紺色で、薄手の三角のスカーフタイプのものを襟に巻いて前で結ぶようになっていて、下はプリーツスカートでした。

夏は普通のYシャツタイプの物になって、セーラーは冬服だけでしたね。

当時は、上着丈が短く、スカートが長いのがうちの中学では流行で、みんな上着丈をつめていましたね。

今から考えるとヤンキー風です。

そういえば、当時、セーラー襟の後ろ側の部分から、リボンの三角部分が見えると「彼氏募集中」のサインなのだと言われて、出てるか出てないかお互いにチェックしたりもしましたね。

懐かしいです。

又、リボンの結び方にも流行があって、襟元ぎりぎりに結んだり、大きな結び目はダサイとされていて、襟元の2cmぐらい下のあたりに小さな結び目を作り、セーラー襟の真ん中あたりからひらひらのリボンが覗くようにするのが、おしゃれだという事になっていました。

今も、私の出身中学では同じ制服ですが、それが流行なのか、校則が厳しくなったのか、上着丈の短いものや、長いスカートの中学生は見掛けません。

腰あたりの上着丈に、膝丈のスカートで、丁度生徒手帳に書かれていたそのままの制服姿の女子中学生ばかりになっています。