私の中学校時代はセーラー服でした。

 

スカーフの色は白色で、中学校へ入学する時は真っ白だったのですが、

日に日に黄ばんできてしまう事が悩みでした。

 

セーラー服は一着しか持っていなかったので、

一週間着たらクリーニングに出して着ていました。

 

クリーニングに出したら、真っ白なスカーフは生き返るのかと思ったら、

より一層黄ばんでしまって悲しかった記憶があります。

 

もちろん、学校の購買部で買い替える事が出来ましたけどね。

 

そして、学校生活に慣れてきた頃、

先輩と話すようになってきてオシャレする事を覚え始めました。

 

スカーフは大きめなのですが、短めに結ぶ事がイケてる!と思って、

セーラーの後ろのスカーフを一つまみして

玉結びをしてから前で普通に結びます。

 

そうすれば、可愛い感じになるんですよね!

 

でも、1年生の時にそれを覚えてしまうと、

3年生から白い目で見られるという痛い目に遭う事がありました。

 

あとは、夏服がまた人気でした!

 

上は白で、セーラーの部分が黒で、スカーフが紺色です。

 

私の中学校の夏服は、他校からも羨ましがられました。

 

また、夏服も前が開く訳ではないので、

着たり脱いだりする時はトレーナーを脱ぐみたいになります。

 

とても、あれが面倒でした・・・。

 

それに、夏はセーラーの黒い部分が暑くて大変でした。

 

また、3年間着る訳ですから、3年生になると丈が短くなって、

少し手を上げるだけで、おなかや背中が見えちゃったりして大変でしたね!

 

あと、一番最悪だったのは、クリーニングに出す度に

「テッカテカ」になっていくのが、ガッカリでした。