私が住んでいる街にあった高校でセーラー服が制服の学校は二校ありました。

たまたま受かった高校がセーラー服で、中学校と代わり映えがしないなと思いつつ当時は当たり前に着ていました。

色は二校とも紺色で「THEセーラー服」って感じでした。

脇がチャックになっていて後ろの襟にある白線が二本線と三本線の違いがありましたが、自分が通っていた学校のセーラー服には白線の内側角にマークが入っていて、なんだか少し特別感があるのがお気に入りでした。

スカーフは白で、その時の流行で結び方が違っていたり、学年で流行りが違っていたりしたのを覚えています。

綺麗にたたんで細長くしてから付けていました。

短く見せたりもしていましたが、今思えばセーラー服の良い部分が半減していたように思えます。

色が白いので汚れが目立つのが悩みでしたが、いつも真っ白なスカーフをつけることに気を配り、清潔感の象徴のような気持ちで付けていました。

セーラー服といえば脱いだり着たりがラクなのが良かったです。

チャックを開かなくてもスポッとかぶって着られるのでブレザーのようにシャツを着てボタンを留めて上着を着て、の手間が無いのが利点でしたが、体に密着していない分、夏は涼しいけど冬は寒いのが難点でした。

スカートのプリーツがシワになって乱れているとだらしなく見えるので、毎日夜寝る前にふとんの下に入れて「寝押し(プレス)」していたのを覚えています。

無いものねだりでブレザーに憧れたりもしましたが、自分の学生時代のシンボルはセーラー服だったように思います。