私が通っていた中学校がセーラー服でした。

 

小学生までブレザーだったので、

第一印象は着るのが大変というものでした。

 

どのようなセーラー服だったかというと、恐らく一般的な物だと思いますが、

白いカッターシャツ、黒に近い紺色のジャンパースカート、

セーラー服、スカーフは、えんじ色でした。

 

夏は、白いカッターシャツとジャンパースカートが無い白いセーラー服で、

下のスカートは単体でありました。

 

夏の白いセーラー服は、スカーフは無く、リボンが既に付いていました。

 

合服は、春・秋・冬のセーラー服を脱いだだけの物で、

白いカッターシャツの襟に細い紐のようなリボンを

自分で結ぶタイプの物でした。

 

また、私が中学生だった頃に、ちょうど

ミニスカートにルーズソックスが流行り出した頃でもあった為、

ジャンパースカートをミニスカートにするのは至難の業でした。

 

器用な子は、ベルトを使ってミニスカートにアレンジしている子もいましたが、

それが出来ない子や服装検査で何を言われても平気な子は、

ジャンパースカートの裾を切って縫製していました。

 

あと、スカーフも自分達で結ぶタイプの物ではなかったので、

アレンジして結んだり、先生に怒られるのが嫌な子は、

セーラー服の襟からスカーフが見える部分を

大きく見せるようにアレンジする子もいました。

 

そして、一番利点が無いのは、周囲の学校も、

ほとんどセーラー服だった為、憧れ等が無いという点です。

 

多分、私立の中学校がブレザーだったと思いますが、

着やすさを考えるとブレザーが良かったです。

 

同じセーラー服で憧れたのは、

漫画に出てくるようなセーラーワンピースですが、

憧れたのは見た目だけで、実際に着た事がありますが、

着るのに時間がかかりました。

 

その為、セーラー服に関しては、あまりいい思い出はありません。