私が通っていた中学校と高校の制服は、いずれもセーラー服でした。

 

現代風な形が好みだったので、当時から私は

「ブレザーの方が良かった」と思っていたのですが、

実際に6年間セーラー服で過ごした結果、機能的な面など総合的に見ても、

やはりブレザーの方が良かったと感じています。

 

まず第一に、清潔さを保ちにくい点が挙げられます。

 

ブレザーはシャツの上からジャケットを羽織るので、

ジャケットが直接肌に触れる事はありませんが、

セーラー服は基本的に、下に着用している肌着は、

制服からはみ出ないような物になっている為、

首元や袖口などが肌に触れ、汗や汚れが付きやすいのです。

 

また、高校時代の制服には、夏服と冬服の間に着る

合服(薄手の長袖シャツのような物)が無かった為、

半袖に切り替わる前の時期などは、暑さの為、肌着を着ずに

直接セーラー服を着てしまうような事もありました。

 

当然、セーラー服のナイロン製の裏地に、汗や汚れが付きますし、

毎日、同じ物を着続けるので、臭いも気になり、

消臭ミスト等は手放せませんでした。

 

もう一点、これは学校によって様々かもしれませんが、

セーラー服の夏服はデザインがあまり良くない事です。

 

私の場合は、中学校・高校、いずれの夏服も、

セーラ服の形をした白い生地の半袖でしたが、

当時から「給食のおばちゃんの制服みたいだ」と悪評でした。

 

最近は、だんだんとブレザーを採用している学校の方が

多くなってきていると思いますが、

6年間セーラー服にお世話になった身としては、

今でも時々見かけると、とても懐かしい気持ちになりますし、

昔ながらの学生服といった感じなので、これからもずっと

無くならないで欲しいな・・・、という気持ちもあります。

 

しかしながら、実際に毎日、着用し続ける立場に立つと、

やはりブレザーの方が良いと思いますし、

私が今後、学生服を着る事はありませんが、

将来、私に娘が出来て、中学や高校に上がった時は、

制服の手入れをする立場から見ても、

セーラー服よりもブレザーの方が良いなと思います。