セーラー服のスカートの正しいヒザ丈はどの長さなのでしょうか?

短いスカートにも良さはあり、長いスカートにも良さはあるわけですが・・・。

どうやらセーラー服を着ている女子生徒はスカートを短くしたいようである。

逆に教師や親は長くしていて欲しいようである。

そんなわけで女子生徒、教師や親の目が届かない放課後は短いスカート、学校にいる間は長いスカートというのを使い分けているようであります。

その使い分けのためになされているのが、腰の辺りでセーラー服のスカートをぐりぐり巻き上げ策です。

短いスカートを求めてバッツリスカートにハサミを入れて短くしてしまうと、校則検査などの時に怒られてしまいますからね。

短くもできる、長くもできるスカート。

女子生徒の編み出したナイスアイディアと言えるでしょう。

ただ、巻き上げているだけあってやっぱり腰回りがモサモサしているじゃない?

夏服でセーラー服が白バージョンになった日には、なんか巻き上げモサモサが透けているじゃない?

何ともガッカリなのです。

セーラー服とは、近頃流行った言葉「清廉性」を持つ服装だと思うのですよ。

清さ・汚れの無さを持つ服装において、ゴマカシのようなモサモサを見るとセーラー服の価値が下がって見えるわけですね。

長いスカートでもいい、短いスカートでももちろんいい。

ただ舞台裏のモサモサを感じさせないで欲しい。

ぐりぐり巻き上げてモサモサしててもいいけれど、そんなことをしている事を見破られずに清くセーラー服を着てください。