セーラー服あるあるなのかな?

ひも、ベルトでミニスカートを作る

校則のため、制服のスカートはひざ下が基本だった。

しかし、スカートは短い方がかわいい!という世代である。

女の子たちは100均で安いベルトを購入し、スカートを上着の下にたたむ形で固定しミニスカートを作った。

が、先生にバレているため、うるさい先生に捕まるとベルトが没収されてしまう。

そこで次に業務用の細くて長いひもを買いだした。

これなら取られても惜しくない&先生から離れたら、また結べると、みんな使いだした。

ちなみに職員室には、没収されたベルトやひもの束があった。

ちゃっかりした子は、何気なくこのひもを持って帰って自分用にしてたな。

他人の襟で暖をとる

学校の廊下が寒く、手がかじかんできた!

そんなときは友人に背後から近寄り、背中に伸びた襟の下に手を入れる。

布に囲まれているためか、ここがすごく温かい。

しかし、友人は冷たさを感じるためにすぐに怒られてしまう。

カースト制

最後にちょっとブラックなお話。

セーラーのリボンだってオシャレは宿る。

もちろん校則もあるが、スカートほど厳しくチェックされないため、みんなで長さを調節してオシャレしていた。

しかし、この長さには校則には無いルールが存在する。

例えば、上の学年は長さ自由だが、下の学年ほど制限が出てくる。

また「姉兄がいる子」は大目に見られたりもした。

怖かったのは同級生。

下の学年の女の子が、ルール外の長さにしているのを発見。

ニコニコ笑顔で手招きし、近づいた瞬間「分かってるよね?」と強制的に長さを変えていた。

セーラーに萌えたとしても着ているのは女の子ということ・・・。