セーラー服に似たデザインの服は、小学生の頃、茶色でセーラーカラーの服を着たことがありました。

中学に上がる時、制服は無かったのですが、標準服みたいな感じで、何か行事がある時に着る服みたいなので、私はブレザーとスカートにしました。

ブレサーと言っても襟を付けませんでした。

その経緯は忘れてしまいましたけれど、襟無しの方が多様な使い方が出来るかもしれないという発想でした。

別に選定した制服など無く、原則的には自由でしたから何を着ても構わなかったのです。

でも、服に迷った時は、そのブレザースーツを着ていった記憶がありますものの、寒い日にはズボンで通学した記憶もありますし、ふわふわした白黒市松模様の三段切り替えのスカートなどを、チャラチャラ履いて通学したこともあります。

学校では、まったく制服など作らなかった人もいましたし、セーラー服を作っていた人もいました。

その数、大体、ブレザータイプがセーラー服より多かったと記憶しています。

なぜ、私がセーラー服にしなかったかと言えば、若かった私にとって、セーラー服というのは保守的なものの象徴に見えたからでした。

何か過去の遺物みたいで、進歩的な女子は、ブレザーに決まっているみたいな感覚でした。

高校に入ると、制服は紺サージの襟付きの、またもやブレザーでした。

スカートはジャンパースカートで夏服は淡い色のグレーのジャンパースカートでした。

ジャンパースカートということは、胸の線も隠せるのです。

この頃は、セーラー服は、腕を上げると、中が見えてしまうという事が問題視され、公立高校は、段々ブレザー化していく過渡期でした。

というわけで、私は正式には一度もセーラー服は着たことがありません。

それで良かったか悪かったか分かりませんが、着脱が容易で、温度調節もしやすいブレザーの方が便利であることは否めません。

ただ、年月が経ち、映画などでセーラー服女子の姿などを見る時、何となく忘れ物をしてきたような気にもなります。

やっぱり、セーラー服というのは、日本独特のものだからなのでしょうか?

よく分からない気持ちです。