私の母校はセーラー服でした。

 

冬は、紺色の上下に白の取り外しの出来るセーラーカラー。

 

夏は、白い上着のセーラー服。

 

襟は、白に紺の二本線の縁取り有り。

 

下は、紺色のプリーツスカート。

 

中学生の頃は、このセーラー服に憧れがあり、入学を夢見たものでした。

 

ところが、いざ新入生となり、制服を着てみると・・・。

 

まず、「太って見える」です。

 

受験勉強でコロコロした体にはキツかった。

 

何としても似合わない。

 

ブレザーも無いので隠しようがない。

 

思ったのと違う。

 

それでも新生活に慣れる頃には、

体重も落ちてきて、制服を着た自分にも

まあまあ見られるようになってきた頃、夏服になりました。

 

「可愛い!」と思ったのも束の間です。

 

暑い、暑い。

 

中学校はブレザータイプの制服だったので、

こんなにセーラー服が暑いとは知りませんでした。

 

さすがに、夏の課外授業の時は学校側から

「暑いので、夏休み中の登校時、上着はワイシャツタイプで良い」

との許可が下りました。

 

そして、冬。

 

またまたセーラー服は寒い。

 

セーターを着る場合は、セーラー服の下に着るのが校則でした。

 

勿論、セーターを下に着ているセーラー服はコロッコロです。

 

いきなりデブに。

 

なんで、セーラー服に憧れていたんだろう?

 

上着も無いので、とても汚れやすいです。

 

衛生的にもブレザーの時よりも洗濯が大変だった気がします。

 

でもでも、卒業して改めて母校の生徒を見ると

「セーラー服は可愛い」って思ってしまいます。

 

セーラー服は若い時にしか似合わない・・・。

 

若ければ何でも可愛い!

 

やっと発見しました。

 

やっぱりセーラー服は憧れです。