入学した地元の中学校はブレザーで、

高校生になったら絶対セーラー服を着てやるんだと、

強い憧れを持っていました。

 

その為、セーラー服があり、しかも、他の高校よりもかわいい

セーラー服の制服のある高校にしようと思っていました。

 

そんな私が選んだ高校は、冬服はブレザーで、

夏服がセーラー服という、少し変わった学校でした。

 

しかし、普通ならセーラー服と言えば、白と黒というのが一般的だと思いますが、

その学校の夏服のセーラー服は、一般的なセーラー服の白色の部分が水色、

黒の襟の部分が水色のラインの入っている白色、

さらにスカートはグレーのボックスプリーツという、

とってもおしゃれで個性的なデザインだったのです。

 

私はその制服を見て、絶対にこの高校に入って、

この制服を着るんだと心に決めました。

 

ひとつ問題があったのが、その学校は

県内でもトップクラスの学力が必要であった事です。

 

私は、制服着たさに一生懸命勉強しました。

 

その甲斐あって、無事に入学資格を得る事が出来ました。

 

そうなってしまえばこっちのものです。

 

あとは制服を採寸して、受け取るだけ。

 

私はわくわくしながら、高校で行われている制服購入会に向かいました。

 

ところが、ここで予想外な事が起きていたのです。

 

冬服の試着をして購入欄にサイズを書いて、

さあ次は待ちに待った夏服セーラー服だ!と意気揚々と向かいましたが、

どうしたことか、あの水色の服が見当たりません。

 

なんと、私たちの代からは別の夏服に変わっていたのです。

 

これにはすごくショックでした。

 

あの可愛かったセーラー服が、

ただの解禁夏服に変わっていたのですから・・・。

 

かわいい制服を着て、かわいい女子高生になれるはずだったのに・・・。

 

私の楽しい高校生活は、入学する前に打ち砕かれました。

 

もうそれからは、あのかわいいセーラー服を着た先輩達を

うらやましく見て3年間を過ごしました。