女子の永遠の憧れ、セーラー服。

学生の可憐さ、清楚さといった若くてさわやかな魅力を存分に引き出せるセーラー服はとても魅力的だと思います。

私の出身県ではセーラー服を制服としている学校が中学・高校を含めて数える程しかありませんでした。

その数えるほどしかないセーラー服を制服としている学校の中には、地方の学校にもかかわらず、ティーン雑誌のかわいい制服ランキングに入っている学校もありました。

私はセーラー服を着る事に憧れはありましたが、残念ながら中学・高校と通った学校の制服はブレザーだった為、セーラー服を制服としている学校に進学した友達に制服を借りてコスプレ感覚でセーラー服を着たりしていました。

そして、ひとくちにセーラー服と言っても学校によって胸元のリボンの色も色んな物があり、その結び方ひとつで印象がすごく変わります。

その年その年でリボンの結び方に流行もありました。

また、セーラー服とセットになっているスカートは、ひだの多いスカートが大半だと思います。

中学・高校時代と、ひだが少ないボックスプリーツのスカートが制服で、個人的には、ひだの多いスカートこそが学校の制服のスカートと思っていたので、その点でもセーラー服の学校はいいなあと思っていました。

極端な話ですが、ブレザーはスーツと似た様な物である為、社会に出てからも似た様な物を十分着る機会があります。

コスプレ衣装として着る以外に堂々とセーラー服を着て街を歩けるのは学生時代だけなので、年を重ねた今でもセーラー服の学校に行けば良かったな~と思っています。