私の通っていた学校は、古くからの中高一貫の女子校です。

伝統を重んじる学校でした。

制服はセーラー服です。

田舎の県の学校ですが、都内にある伝統校と姉妹校で、セーラー服も六本木のうんちゃらかんちゃらがデザインしたとかで、セーラー服のリボンのカーブが、とても綺麗だとかなんとか、先生方が力説していたのを覚えています。

全くそんな事には興味はありませんでしたが・・・。

とても伝統を重んじる学校なので、きっと何があっても、このセーラー服は変わらないんだろうなと思っていました。

冬はセーラー服の上にブレザーを着ることもありました。

私はもう数十年前にその学校を卒業しましたが、その後、中間服ができたようです。

夏もセーラー服なのですが、汗で張り付いてしまって、むしろとても暑かったのですが、夏はポロシャツもオッケーになったとか・・・。

今では、どの学校もブレザーにスカート、それにシャツになって来たので、高校でセーラー服なのは、県内では私の出身校くらいではないでしょうか?

中学校では、まだセーラー服の学校もあるようですが・・・。

最近は、都内でもほとんどセーラー服を見ません。

たまたま昨日見かけた時に、新鮮な感じがしましたが、今のこのご時世だと、ちょっと古臭い?なんて感覚にも襲われました。

セーラー服が消えてしまうのも寂しいですが、きっとこの先どんどん消えて行ってしまうものなのかなとも思います。

セーラー服を着るのはアイドルだけ?なんて時代になるかもしれません。