セーラー服は転校する前の少しの時期だけ着用した事があります。

2本の線があり、赤いスカーフを使った物だったのですが、昔からとても憧れていたので着るのはとても嬉しかったです。

ただ、セーラー服は案外着にくい物です。

上から被る形で着用しますし、さらに大変なのが内側にボタンが3つも付いている事でした。

この部分は胸元を隠す物なのですが、三角なのでどこが上だか探すのにも少しだけ時間がかかりますし、やはり忙しい朝にはとても面倒でした。

また、セーラー服の下にはブルマを夏場は着用し、冬場は寒いのでジャージを着ていました。

体操着を着用しているだけではなく、私の場合はとてもスカートが長かったので、特に裾を気にしたりする事は全くありませんでした。

スカートを最近、短くする子も多いのですが、あれはあくまでも流行で、長いのも流行ればそれを着用する子も多くなります。

脇のファスナーを閉め忘れる事はありませんでしたが、三角の胸元のボタンの見えない部分だけを何故か閉め忘れている事がありました。

私は途中で転校してしまったので、セーラー服の買い替えはしませんでしたが、別の中学校に行ってもそれほど体が大きくはならなかったので、もし転校しなかったとしても買い替える事は無かったと思います。

クリーニングに出す回数はそれほどでもなく、一応2着は持っていたので、夏場には1週間に1回程度、冬は肌に触れないように着用するのでスカートのアイロンが効かなくなってきたら、という感じでした。