セーラー服の良さは、やはり女子学生!という清楚な雰囲気の出る外見の良さでしょう。

正直、他にこれといって良いところが無いのですが、その外見の良さは若さと一緒にして女の子の最大の武器ですね。

セーラー服の短所は、生地の薄い夏服と違って冬服は滅多に洗濯出来ない事です。

もちろん下に肌着はつけていても毎日着ていれば汚れる事もあるわけですが、長期休暇までクリーニングに出せなかったのは嫌でしたね。

セーラー服の下は、キャミソールなどです。

ブルマなどは履いてなかったですね。

冬の雪が降るような寒い時期だけタイツのような物を履いていた事もありますが、それ以外は素足にハイソックスでした。

買い替えた事や盗まれた事はありません。

女子高だったので敷地内への侵入は警備が厳しくて出来なかったでしょう。

スカーフは、後ろの襟からちょこんと少しだけ出すのが私たちの学校では標準みたいなところはありました。

後ろはともかく、前は校章入りの止め布でスカーフを止めるのですが、そのスカーフの左右のふくらみや下に出す長さのバランスなどには皆気を付けていましたね。

セーラー服の丈については、スカートを短くしている人は結構いましたが、上は元々短めだったので自分で短くする必要は無かったみたいです。

スカート丈を短くしているのは、単に短くした方が全体のバランスが良くて足が長く見えるからです。

風の強い日にスカーフが顔に当たったりというのはありません。

そんなにスカーフや襟は長くないですから。