私の中学生の時の制服は、

とても地味な紺色の襟無しのブレザーでした。

 

スカートも同色の紺のプリーツスカートで、

学年によって色の違うリボンが、唯一可愛らしい物というような、

とてもとてもダサい制服でした。

 

すぐ隣の中学校は、夏も冬も可愛らしいセーラー服で、

同じ小学校の友達の半数は、セーラー服の中学校に行くので、

なんで自分はあっちの学校じゃなかったのかと思っている毎日でした。

 

あまりにも憧れていた為、友達と制服交換をして遊んだ事もあります。

 

セーラー服は、デザインの可愛さはもちろんですが、丈が短い為、

スタイルが良く見えるという面でも羨ましく思っていました。

 

そして、高校に進学した訳ですが、高校の夏服は、

セーラー襟の付いた不思議なデザインのセーラー服でした。

 

有名なデザイナーのデザインらしい制服だったのですが、

正直始めは嫌いでした。

 

なぜかというと、そのセーラー服は、緑色のチェック柄の生地で

襟等がパイピングされていたからです。

 

さらにスカートは、その緑色のチェック柄だったんです。

 

なんで緑色?と思うのはもちろんなんですが、

結構明るい色合いだった為、当時流行していた紺色のハイソックスが

とても似合わなくてルーズソックスばかり履いていました。

 

生まれ変わったら正統派の白や紺色のセーラー服の学校に

通ってみたいと今でも思っています。