中学と高校が私立でセーラー服でした。

セーラー服にあこがれはほとんどありませんでしたが、地元の公立はブレザーだったので、うらやましがられました。

たしかにセーラームーン世代なので、セーラー服にあこがれがある子も多いですよね。

私は小6には身長はのびきっていたのですが、中学入学前にサイズをはかったときに、きっとまだ伸びるでしょうということで、制服を大き目に作られ、結局6年間ぶかぶかの制服でした。

ゆるくてスカートが腰で止まらないのでベルトで締めていたくらいです。

しかも校則がめちゃめちゃ厳しくてスカートはひざ下、靴下は三つ折りでないと叱られるお嬢様学校でしたので、制服が小さくて中が見えるということはありませんでした。

唯一、夏服は上が白いのですが(冬服はネイビー)、キャミソールが洗濯が間に合わずに着ない日がありました。

朝待ち合わせをしていた友人が「透けているよ!」と指摘されたことがありました。

すでにやや混んでいる電車に乗ってしまっていたので、超恥ずかしかったです。

その日はコンビニでキャミソールを購入して学校に着いてすぐに着替えました。

その後はしばらくその電車は時間をずらしたり、乗る車両を変えました。