中学の時は、男子も女子にとても興味があるもの。

特にセーラー服だったので、男子はあの子は制服がよく似合う、似合わないなど点数を付けていたのです。

それを知っていた私は、できればいい点数を付けてほしいなあと思っていました。

そして男子が、授業中に手を挙げたときに見える女子のセーラー服の下について話をしていることも知っていました。

今日のあの子は何色のキャミを着ていたとか話しているのです。

その時に、ダサい色だったとか感想も付けて。そのために、私もなるべく見えても構わない、かわいらしい物を着用していました。

だって男子にはいい評価をしてほしいですから。

でもそれほど枚数を持っているわけではありません。

そのために日々同じようなものにならないように努力もしていました。

女子も必死でしたね。