私の中学時代の制服は、セーラー服です。

 

その下に着るインナーは学校指定の物があって、校則で、

それ以外は着てはいけないというルールになっていました。

 

白地にVネックの襟には、紺色のパイピングがしてある長袖です。

 

生地は薄っぺらで、シャツのような感覚です。

 

保温機能なんて皆無です。

 

ものすごく雪深く、気温も低い山間地なのに、

着ている意味なんて無いように感じていました。

 

教室は暖房も効いていたし、若かったから我慢出来たんだと思います。

 

ヒートテックが無かった時代だし、

校則をちゃんと守る良い子だったので、

それ以外を着るという選択肢もありませんでした。

 

暖房の無い体育館に集まって話を聞いたりする時は、芯から冷えました。

 

制服の上に上着を着る事が許されていたのですが、

派手な事はしたくなかったので、着る事はありませんでした。