セーラー服。

 

その言葉の響きから、もう既にロマンを感じずにはいれません。

 

セーラー服は、学校によって色も違いますね。

 

白のセーラー服か紺のセーラー服、黒のセーラー服。

 

セーラー服は、日本人によく似合っていると思います。

 

あの、大人びてはいない、けれど子供らしくもない。

 

正に青年期の少女達が着るに相応しいフォルム。

 

んー、なんとも可愛らしく美しい。

 

さて、ここからが本題です。

 

セーラー服のスカートの丈。

 

私は、膝が隠れるかどうかという長さが好きですね。

 

風の強さや動きによって太ももが見える時がある。

 

いいですねえ。

 

更にドキリと胸を高鳴らせるのが、階段です。

 

階段を上がる時に、ふと上を見上げると、

セーラー服の中が見える事があるのです。

 

ここで問題なのが、インナーの色です。

 

セーラー服に似合う物と考えるならば、白でしょう。

 

私は、清らかで純粋なイメージを

セーラー服は持っていると考えます。

 

白は良い。

 

清楚で純粋で無垢で汚れのない色。

 

セーラー服を着る女性は清楚であって欲しい。

 

だからこそ、セーラー服の中も清楚な白い色が良いのです。

 

膝丈の長さのスカートのセーラー服に、ふくらはぎまでの長さの靴下、

そして、セーラー服の中に隠された真っ白なインナー。

 

これこそが、セーラー服の完成形であると言えるでしょう。