私は、中学時代、セーラー服の下には、

白のカッターシャツを着ていました。

 

一番上のボタンも留める真面目な女子生徒でした。

 

カッターシャツは、セーラー服の首元からシャツの襟が見えるので、

セーラー服の下に何を着ているかが一目瞭然でした。

 

しかし、他の女子生徒は、

セーラー服の下に色んな物を着ていたようです。

 

その1つが、セーラー服専用のインナーシャツです。

 

白い生地に紺色のVネック、袖は、半袖と7分袖がありました。

 

セーラー服の少女001

イラスト by 吉山みかん

 

セーラー服姿の

女子中学生のイラストコンペ

受賞作品



このインナーシャツは、首元にしても、袖にしても、

セーラー服から、はみ出さないようになっている為、

下に着ている物が見えないのが利点でした。

 

次に、セーラー服の下に体操服を着る事です。

 

体育の授業が終わった後、そのまま体操服の上から

セーラー服を着ている女子生徒がいました。

 

冬など寒い時は、スカートの下に

体操服のズボンまで履いている生徒もいました。

 

もちろん、裾は膝上まで、たくし上げていましたけどね・・・。

 

スカートが、めくれた時に履いている事が分かったりしました。

 

ここから先は、私には全く縁の無い事なのですが、

スリップ、ペチコート、キャミソールといった

オシャレな物を着ている女子生徒もいました。

 

そう言えば、お転婆な女子生徒が

スカートをバサバサさせて階段を駆け上がっている時に、

スカートの下のペチコートが見えた事もありましたね~。

 

他にも、肌着を着ず、ブラジャーだけという生徒もいました。

 

手を上げた時に、お腹が見えたので、

「あっ!何も着ていない」とビックリしたものでした。

 

何も着ていないと汗を吸収する物が無いし、肌触りとか

気持ち悪くないのかな?と疑問に思ったりもしました。

 

あと、信じられないですが、パジャマという生徒も・・・。

 

私は直接見た訳ではないですが、他の生徒の情報によると、

セーラー服の下にパジャマを着ていた女子がいたそうです。

 

これは、さすがに恥ずかしい。

 

遅刻しそうだったのでしょうか?

 

理由は、どうであれ、私には考えられない事です!

 

セーラー服の下に着る物は、

皆それぞれ個性があって、多種多様でした。

 

私のようにカッターシャツだけという生徒は

極少数だったので、私は珍しい部類の人でしたね~(笑)。