中学生時代、女子達の間でスカートめくりが大流行した事がありました。

 

制服がセーラー服だったので、下は当然スカートでした。

 

入学した当時は知らない者同士でも、時が経つに連れ、

段々、学校生活にも慣れてきて友達も増えていきます。

 

そして、仲が良くなってくると、はしゃぎ回ったり、

ふざけ合ったり、ケンカしたり、色んな事をするようになります。

 

そんな中、いつの間にか、女子達が

スカートをめくり合ったりするようになりました。

 

確かに相手のスカートをめくるのは、

する側も見ている側も面白いものです。

 

しかし、めくられた側は「きゃーっ!」っと叫んで、

とっさにスカートを押さえようとします。

 

そして、めくられたら、めくり返す。

 

スカートめくりは、瞬く間に女子達の間で広がりました。

 

めくると言っても、みんなスカートの下にはブルマ

(私達の学校では短パンと呼んでいましたが・・・)

を履いていたので、パンツを見られる事はありませんでした。

 

しかし、スカートをめくられるというのは屈辱です。

 

連日、「きゃーっ!」という声が、教室内で響き、

男子の間でも話題になりました。

 

しかし、ここで少し疑問が・・・。

 

体育の授業の時に履いているブルマは見られても平気なのに、

スカートをめくられた時に見えるブルマは恥ずかしい・・・。

 

同じブルマなのに何故でしょう?

 

それは、体育の時のブルマは、見えて当然ですが、

制服時のブルマはスカートで隠れています。

 

その隠されている物を見られてしまうから恥ずかしいのです。

 

大抵の女子はスカートの下にブルマを履いていましたが、

稀にブルマを履かない女子もいて、

その女子がスカートをめくられた時には、

白いパンツが丸見えになっていました。

 

偶然にも、その光景を見た男子はラッキーと同時に

「ププッ」と笑いをこらえるのに必死だったと思います。

 

スカートめくりは女子にも男子にも人気がありました。

 

そして、この遊びは、普段あまり話をしない子にもやったりして、

これをきっかけに仲良くなれたりもしました。

 

でも、男子が女子のスカートをめくるといった事は無かったですね~。

 

めくられても、めくり返す事が出来ないからですかね?

 

あくまでも女子同士の遊びでした。

 

そして、私も、めくられた事がありました。

 

でも、生真面目だった私は、こういった事が嫌いで、

怒って、めくり返す事はせず、すねてしまうのでした。

 

私は、中学生の時はバレー部に所属していたので、

放課後の部活の為に常時スカートの下にブルマを履いていたのですが、

スカートをめくられるといった事は許せませんでした。

 

しかし、そんな遊びも、いつかは終わるものです。

 

そして、その後、流行ったのが、ネクタイを奪い合う遊びでした。