都市部に住んでいますが、からっきし、セーラー服を目にしなくなりました。

不思議なものです。

セーラー服は、40年以上前の遺物と化してしまったようです。

自分が中学生の頃、セーラー服に憧れました。

自分自身もセーラー服だったのですが、うちの学校には、夏服がありませんでした。

夏は、濃紺のジャンパースカートです。

セーラーは、夏は白地にラインの入ったものなので、大変、かわいらしく見えます。

「どうしてうちの学校にはないのか?」と、自分の地味な夏服を羨んでいました。

しかし、親になってみると、夏服はジャンパースカートがいいです。

地味な方が嬉しく感じられます。

女の子は危険だからです。

着ている物によって、というよりは、どうやって子供を守っているかでしょうが、地味な方が、目立たなくていいような気がします。

私のセーラー服は、ラインが茶色でした。

それこそ、60年近く前に、近くの高校の制服に模して作られたといいます。

今、都市部に住んでいますが、うちの町では、プリキュアの着ているようなジャケットに、ひだのスカート、リボンといった形しか見かけません。

それも、本当にプリキュアが出てきてしまったかのような、種類が豊富で、かわいいのです。

一体、いつ、制服チェンジが行われたのでしょうか?

不思議なほどです。

男の子の詰襟も見かけることは稀です。

詰襟を着ていると、「どこの学校?」という風に、珍しく見られてしまうのです。

時代は変わりました。